私たちは、国立大学法人福井大学で働く教職員で組織された労働組合として、教職員が本当に働きがいのある福井大学を作るために様々な活動を行っています。(組織と主な活動)

福井大学で働くすべての皆さんへ
労働組合はあなたの味方です!
・セクハラや部下いじめを受けていませんか?
・残業手当を正しくもらっていますか?
・休暇を適切にもらっていますか?
・無理な残業をしていませんか?
・休憩は適切にとれていますか?
-職場や待遇の不満、組合が請け負います。あなたも組合加入を!-

福井大学教職員組合の意義と活動を紹介します。

1)わたしたちはすでに非公務員です
 わたしたちは、国立大学の法人化によって非公務員となり、人事院勧告・国家公務員法体系の適用対象外となりました。したがってわたしたちは、労働基準法のもとにあり、給与などの重要な労働条件は使用者と労働組合の交渉によって決めるのが原則となりました。

2)知っていますか?わたしたちの給与水準
 国立大学法人化以降も給与は国家公務員準拠とされていますが、国家公務員の給与を100とするラスパイレス指数において、福井大学は毎年80前後の低水準にあります。これは福井県内の自治体はもちろん、北陸地区にある他国立大学と比べても最低の水準なのです。

3)だからこそ組合が必要なのです
 労働組合は、組合員の賃金労働条件の維持、改善や雇用の安定を求める活動を行います。労働組合は、憲法28条や労働組合法で認められた賃金労働条件改善のための連帯組織なのです。労働組合には、法令により法的保護や様々な権利が認められています。例えば、賃金労働条件の改善を求めて争議行為を行って使用者に損害を与えても、使用者からは賠償請求ができないことになっています。また、労働組合が求めた場合は、使用者は団体交渉を拒否できません。

4)特定政党の支持活動はしません
 福井大学教職員組合は、組合員の思想信条・政党支持の自由を尊重する立場から、特定政党の支持や選挙カンパの強制などは一切行っていません。また、組合員に集会やデモへの参加を強制したりもしていません。

5)組合に加入するとこんなメリットが!

6)組合に加入しても不利な扱いはうけません
 労働組合法では、組合員を昇格で差別したり、嫌がらせ配転したりすることは不当労働行為として禁じられています。本組合は大学と「労使関係の基本事項に関する労働協約」を締結し、大学は組合員が組合活動をしたこと及び組合員であることを理由として不利益な取り扱いを行わない、また組合へ加入することを妨げる行為を行わないことを保障しています。

組合費について
 福井大学教職員組合の組合費は、賞与を除き、正規職員が月額基本給の0.9%、契約職員(特命・特任・嘱託含む)が月額800円、パート職員(非常勤)が月額500円となっています。組合費は、組合の行動費・情宣費などや書記の人件費、そして上部団体の全国大学高専教職員組合(全大教)分担金などに使われます。

 未加入の方はぜひ組合にお入りください。また、組合員の方はまだ入っておられない方にぜひ声をかけてください。さあ あなたも組合加入を!!ぜひ、ご連絡ください。加入を希望される方は、加入申し込みフォームに入力、もしくは加入申込書(‘16.8版)にご記入いただき、学内便、FAXまたはE-mailにてご連絡下さい。

福井大学教職員組合(内線2299)
〒910-8507 福井市文京3-9-1
電話&FAX 0776-21-1950(直通)
E-mail  fukuidai@sweet.ocn.ne.jp (@は半角です)